JAとは

JA千葉中央会トップページ

JAとはJA千葉中央会県内のJA千葉県の農業リンク集
ページ名
  トップページ > JAとは > JAとはどんな組織でしょう



JAとはどんな組織でしょう

協同組合の生い立ち

日本の協同組合のはじまり

協同組合原則とは

JA綱領とは

 JAとはどんな組織でしょう

1.JAとは

 JAとは、相互扶助の精神のもとに農家みんなの営農と生活を守り、地域のJA事業を利用したい人々と一緒に、よりよい地域社会を築くことを目的としてつくった協同組合です。現在では、加えて安全・安心農畜産物の供給や国土保全の役割を担う農業の維持発展をお手伝いしています。
 この目的のために、JAは営農指導や生活指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農産物の共同販売、貯金の受け入れ・資金の貸付、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、万一の場合に備える共済、農産物直売所、健康を守る厚生事業等を行っています。


2.株式会社との違い

 協同組合は、その設立の基本的考え方や組織の運営について、株式会社とは大きく異なった協同組合独自の考え方や運営原則をもっています。


(1)相互扶助が基本的な考え方

 協同組合を組織しているのは、一人では経済的に弱い立場にある農業者・漁業者・森林所有者、あるいは勤労者・消費者・中小の事業者です。そして協同組合は、一人ひとりでは弱い立場の人々が、連帯し助け合うという相互扶助の精神を基本的な考え方としています。
 これに対し、株式会社を構成している株主は、投資家や法人です。これらの株主は一般に高い株式配当を期待することから、株式会社はより多くの利潤を確保するための競争原理をその基本的な考え方としています。

(2)目的は生産や生活の向上

 協同組合の目的は、組合員の生産や生活を守り向上させ(組合員の経済的社会的地位の向上)、究極的には公正な社会をつくっていこうとするところにあり、協同組合自体の利潤の追求や出資配当を目あてとした営利を目的としていません。こうした協同組合の非営利思想は、協同組合の誕生以来、一貫して持ち続けてきているものです。

(3)組織者、利用者、運営者が同一人

 協同組合を組織する者が組合事業の利用者であり、同時に組合を運営していく運営者でもあるという特徴をもっています。つまり、組織者と利用者と運営者が同一人だということです。
 組合員の、組合員による、組合員のための組織。これが協同組合の基本的性格です。

協同組合と株式会社との一般的な違い
  協同組合  株式会社
 組織者 農業者、漁業者、森林所有者、
勤労者、消費者、中小の事業者
 投資家、法人
 組織者の名称  組合員  株主
 目的 ・組合員の生産と生活を守り向上させる(組合員の経済的社会的地位の向上)
・事業利用を通して組合員に奉仕
・利潤の追求
・利益金分配を通して株主にサービス
 利用者  組合員  不特定の顧客
 運営方法  1人1票制
(人間的平等による民主的運営)
 1株1票制



次のページ : 協同組合の生い立ち