JAとは

トップページ

JAとはJA千葉中央会県内のJA千葉県の農業リンク集
ページ名
  トップページ > JAとは > JA綱領とは



JAとはどんな組織でしょう

協同組合の生い立ち

日本の協同組合のはじまり

協同組合原則とは

JA綱領とは

 JA綱領は組合員・役職員共通の行動理念

 JAの経営活動には、社会的価値と人間的価値という二つの側面があります。「社会的価値」には「協同組合活動を通した社会への貢献」と「経営維持保証利益の確保」があり、「人間的価値」には「組合員の幸福の実現」と「役職員の幸福の実現」とがあります。 JAはこの4つの願いを達成する社会的責任があり、その実現のための行動理念が「JA綱領」です。組合員・役員・職員が共有すべき理念とも言えます。
 また、1997 (平成9)年の第21回JA全国大会で、前述のICAの協同組合新原則に対応し、前述の「四つの願い」の実現に向け、JAの基本的な価値・役割や新たなJA運動の展開方向について、組合員・役職員の組織・事業・経営の改革をすすめ、将来にわたるJAグループの発展の契機となるよう、新たな「JA綱領」を制定しました。
 この「JA綱領」は、組合員・役員・職員が、それぞれの期待される役割と責任を果たすという観点から、JAグループの組合員、役職員の統一綱領として制定されたことが大きな特徴となっています。

JA綱領
─わたしたちJAのめざすもの─

 わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。
 そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。
 このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは
1.地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
1.環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
1.JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
1.自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
1.協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。