トップページ

JAとはJA千葉中央会県内のJA千葉県の農業リンク集
ページ名
  トップページ > ニュース&トピックス > ニュース



過去のニュース&トピックス

【終了報告】2016年11月6日第27回千葉県協同組合フェスティバル/千葉市



上:オープニングセレモニー
中:たくさんの方々にご来場いただきました
下:輪投げに挑戦

 千葉県内のJAグループや漁協、森林組合、生協などでつくる県協同組合提携推進協議会は11月6日(日)、千葉市の千葉ポートパーク円形広場で、第27回千葉県協同組合フェスティバルで開いた。親子連れなど約2万5000人が来場。会場では多彩なイベントを催し、協同組合活動などの魅力をPRした。
 県農協農政対策本部はパネルを展示してクイズに答えてもらうコーナーを設けた。参加者はクイズを通じ、協同組合理念や食について理解を深めた。
 JA千葉中央会の飲食コーナーでは、豚焼き肉や豚汁をチャリティー販売した。焼き肉の売上金は、国際児童基金(ユニセフ)に全額寄付する。豚汁の売上金は、JA全中を通じて熊本地震の復興に役立ててもらう。
 県農協青年部協議会は、最高3㌔の新米をプレゼントする輪投げイベントを実施。参加料を熊本地震と北海道の台風被害の復興支援に充てる。県内JA女性部は、農産加工品などを販売した。
 輪投げで3㌔の新米を手にした同市の石川愛さんは、被災地に思いをよせ「ぜひ、復興に役立ててほしい」と話した。
 今年から、地震体験車も登場。来場者が東日本大震災の揺れを体験した。
 他のJAグループや漁協、森林組合、生協組織も、販売や組織の活動紹介を行った。NHKや県なども出展した。





日本農業新聞 平成28年11月掲載)